造形芸術科

高等学校としては、全国有数の施設・設備を誇る九高の造形芸術科。
創作することが好きという生徒が集まり、技術はもちろん“創造する精神”を学びます。
未来のクリエイターを目指した、密度の高いステージです。

 
  • 造形芸術科の学び
  • 専門カリキュラム・講師
  • 設備紹介
  • 作品ギャラリー
  • 造形芸術科Q&A
  • 1学年

    自己発見!

    さまざまな学びの中から「未来の自分」が見えてくる。

    表現の幅を広げるためには、たくさんの引き出しが必要。
    そして土台がしっかりしていないと、引き出しも増えません。
    まずは学力と美術・デザインの基礎を身につけ、
    自分自身の器を大きくし、未来への可能性を広げます。

  • 2学年

    自己探求!

    自己を深める大切さに気づき険しい道のりに挑む。

    具体的な進路を見極めるため、1年間学んだ基礎を礎に
    能力の向上を図ります。実技教科の一部を選択し、
    より具体的にビジョンを捉え、夢に近づく努力を重ねます。
    学力向上のため、朝・長期休暇中の補習も希望者に実施。

  • 3学年

    自己実現!

    進路目標達成をめざして3年間の総仕上げ。

    いよいよ進路を絞り、夢の実現に向かって邁進するとき。
    実技教科は、8科目の中から4科目を選択し、
    卒業制作は、複数科目の中から1科目を選択します。
    未来のクリエイターへの道が、どんどん近づいてきます。

このページのトップへ