九高の四季

教務部より

  • 2013年10月01日教務部より

    九高だより

    教務部では毎月1日”九高だより”を作成し、ホームページにアップロードしています。(見ていただいているとは思いますが・・・)今日は本日(10月1日)に発行した”九高だより”からの引用です。

    九高だより 第7号 平成25年10月1日発行 より           

    「2020年東京オリンピック開催決定」に日本中が沸き、覚めやらぬ熱狂がやっと一段落したこの頃です。奇しくも、今から半世紀前の昭和39(1964)年、戦後の日本の復興を象徴する東京オリンピック開催の年、故中村治四郎先生によって、この香椎の地に誕生した九州高校が、いよいよ創立五十周年を迎えます。今月5日、多数の来賓をお迎えし、全教職員及び全校生徒1,528名が参列して、創立五十周年の記念式典が挙行されます。宇宙物理学者の佐治晴夫先生による記念講演も行われ、九州高校にとって特別な1日となりそうです。
     さて、秋の朝の冷えた空気にキンモクセイが香り、一年の内で最も爽やかな季節が訪れています。「衣更え」も、暦よりも体感温度が決める今日此の頃です。学内では溢れる活気と熱気のため、一年中、半袖シャツの生徒の姿を見かけます。青春のエネルギーは、いくら放出しても尽きないものなのでしょう。本校において、「中間服」と呼ばれる、「夏服」から「冬服」への移行期間が、年々長くなっているのは、単に「地球温暖化」のせいばかりではありません。
     部活動につきましては、現在、1・2年生を中心とした新チームが、「新人戦」や「新人大会」に挑んでいるところです。「先輩達に負けるな!」と言わんばかりの、初々しくも溌剌とした新戦力の登場により、それぞれの部活動にフレッシュな活力がみなぎっています。すでに続々と朗報が届いていますが、これからますます、日頃の練習の成果を思う存分発揮して、九州高校の勢いある姿を、大いに示してもらいたいものです。様々な分野で活躍する九高生に、熱いご声援を是非お願い致します。なお、部活動の詳細につきましては、本校ホームページをご覧下さい。
     高校生の本分である学業について触れますと、10月15日(火)から中間考査が始まります。生徒諸君は、毎日の授業に集中できているでしょうか。1学期の期末から3ヶ月ぶりの定期考査となる2学期の中間考査は、学習内容が豊富になり、出題範囲が広くなるため、勉強不足がたたれば年間でもっとも成績が落ち込む恐れがある考査です。快適な季節の中、学内の雰囲気が落ち着きを取り戻す今こそ、しっかり試験勉強に取り組まなければなりません。特に2年生は、11月に実施される修学旅行を心おきなく楽しむため、勉学への気がかりを絶対に残して欲しくないと思います。
     高校生活に慣れてきた1年生はもとより、「センター試験」の出願が間近となり、推薦会議も終了し、推薦入試への取り組みが具体的に始まった3年生にとっても大切な時期です。「学校推薦」を受ける生徒諸君は、いっそう自覚を強め、それにふさわしい生活態度・学習態度を常に保たなければなりません。推薦入試には面接試験が付きものですが、練習の時だけではなく、授業開始や終了時、そして日常生活でのあいさつこそが大切です。生活指導の原点に戻り、先ず、学内でのあいさつの励行を徹底させ、真の礼儀正しさを身につけて欲しいものです。
     さて、「芸術の秋」とも呼ばれるこの季節、創立五十周年の記念事業の一つとして建築中の文化教養施設「KYUSHUコミュニティホール」の完成が間近となり、その外貌がついに現れました。教職員と生徒の学術研究を支える図書館「アートライブラリー」に併せて、コンサート・講演会・演劇など多彩な芸術活動ができる多目的ホールを有し、「文武両道」を目指す本校にとって、「学問と芸術」の拠点として、素晴らしい環境と設備が備わった施設が誕生致します。
     重ねた半世紀の校史の中で積み上げられた伝統を引継ぎつつ、校歌に謳われる「理想の学園」のさらなる実現を目指して、教職員一同一致団結し、創立五十周年を機に、「百周年」に向かって新たなスタートを切る所存です。保護者の皆様の、さらなるご理解・ご支援・ご協力の程、お願い申し上げます。

    ※”九高だより”には、月の行事予定や教育雑感等も掲載されております。10月号の”九高だより”は http://www.kyushu-h.jp/content/files/201310.pdf でご覧いただけます。ぜひご一読ください。

  • 2013年03月12日教務部より

    国語科研究授業百人一首

    ファイル 809-1.jpgファイル 809-2.jpgファイル 809-3.jpgファイル 809-4.jpg

    1年1組特進クラスと、2年3組準特進クラス合同で、国語科の研究授業として「百人一首」の授業を行いました。
    ここ数年の大学入試における古文では、和歌が多く出題される傾向があるため、現2年生は1年次により和歌について学んでいます。
    今回の研究授業では、1年生vs2年生の百人一首大会を実施し、熱戦の結果、勝敗は1勝1敗3引き分けのドローとなりました。

  • 2012年11月21日教務部より

    税の作文優秀賞おめでとう!!

    ファイル 765-1.jpgファイル 765-2.jpg

    現代社会の授業の一環で取り組んだ、「高校生の税に関する作文」募集において、3年生の麓あかねさんが優秀賞を受賞しました。

    1800名の作品応募に対して3名が選ばれる優秀賞に選ばれたということで、本人も驚いていた様子でした。本日、本校にて香椎税務署より表彰状が手渡されました。

  • 2012年09月07日教務部より

    体育祭9/9(日)に順延

    体育祭日程変更について

    2学期が始まり、生徒諸君は目前に迫った体育祭を成功させるために、急変する天候に悩まされながら、毎日一生懸命に練習に励んでまいりました。予定では明日(9月8日[土])が体育祭となっておりましたが、明日の天候予想では雷を伴う激しい雨という予想となっております。そこで、少雨決行で予定しておりました体育祭ではございますが、本日12:00の時点で明日の体育祭を9月9日[日]に順延することといたしました。中止に伴い明日(9月8日[土])はお休みとなります。9月9日[日]は朝からグラウンド整備及び設営等を実施した後に開会式を開催いたしますので、開会式は10時より開催いたします。生徒の登校は8時50分といたします。(必ず登校させてください)
    なお、9月9日[日]も天候の状況によっては、当日プログラムを変更する場合もございますのでご了承ください。(いかなる場合でも昼食は必要です。ご準備ください。)
    また、9月10日[月]は予定通り体育祭代休とします。

  • 2012年06月14日教務部より

    本日はPQ-DAY

    ファイル 645-1.jpg

    本日はPQ-DAYと題して、保護者授業参観を実施しました。
    終日授業を自由に参観していただきました。また、保護者対象に「スタディーサポート研修会」や「大学合同説明会」「IT講習会」も同時開催いたしました。多くの保護者の皆様にご参加いただき、ありがとうございました。
    写真はIT講習会でタブレットPCを利用して、メールやMAPの利用をしているところです。

  • 2011年11月14日教務部より

    Serendipity(偶然の幸運に出会う力)

     脳科学者として人気者の茂木健一郎さんの「龍馬脳のススメ」という本で 'Serendipity(偶然の幸運に出会う力)' という言葉が紹介されています。この「偶然の幸運に出会う力」は、その気になれば誰でも身に付けることができるそうです。しかし、大切なことがあります。それは待っていても身に付かないということです。幸運は自ら積極的に行動しない限り、状況は変わらないということです。その行動を起こすコツがあって、それは次の3つです。

    ①寄り道や遠回りを嫌がらないこと。
    ②ひとつのことではなく、いろんなこと、複数のことをやること。
    ③そのどれに対しても一生懸命集中して取り組むこと。

    「偶然の幸運に出会う力」はいつも忙しく前向きに行動してこそ、身に付くものなのです。また、あらゆることに気を配る繊細さも必要です。自分の好きなことしか興味を示さないような態度には、「偶然の幸運に出会う力」は働かないようです。

    偶然はそれを受け入れる準備ができた精神にのみ訪れる

       アンリ・ポアンカレ(フランスの数学者)

  • 2011年09月20日教務部より

    三つの幸せ

     イエローハットの創始者でもある鍵山秀三郎さんの著書『人間を磨く言葉』の中に幸せに生きるための具体的な“三つの幸せ”が紹介されています。 その一つは「してもらう幸せ」、二つ目は「できる幸せ」、そして最後は「人にしてあげる幸せ」です。この三つの幸せの中でも最後の「人にしてあげる幸せ」が最高の幸せなのです。人は「してもらう幸せ」から「できる幸せ」へと進み、そして最終的に「人にしてあげる幸せ」を味わえる人生を送れるようにならなければなりません。教育においても、「してもらう幸せ」にとどまらず「できる幸せ」「してあげる幸せ」を感じることができる生徒を育てることがとても大切なことだと感じています。

  • 2011年09月05日教務部より

    体育祭御礼

    ファイル 369-1.jpgファイル 369-2.jpg

     本校体育祭に多数の方々にご来場いただきまことにありがとうございました。昨日も朝から小雨の降り続く中、体育祭実施を決心するまでに様々な葛藤がありましたが、これまでリーダーシップを発揮してきた3年生の最後の体育祭となることを考慮して、小雨でも実施しなければならないという結論に至りました。開会式直前までグランド整備等に奔走し、やっとのことで開会に至った体育祭でしたが、これまで努力を重ねてきた全校生徒の熱意が伝わり、競技種目を減らして実施された体育祭にも関わらず、その内容は十分に満足できるものであったと思います。特にこれまでリーダーシップを発揮してきた3年生の演技(九高エッサッサ&ダンス)には、これが最後の体育祭であるという気迫がみなぎり、力強さと繊細さにあふれたすばらしい演技でした。全校生徒が参加して行われる“学校応援”も、完成度の高い演技でした。明日の6限目に全校集会を設け、全員で作り上げた“学校応援”の成果をビデオで鑑賞する予定です。本校のホームページにも近日中に公開したいと思います。お楽しみに!


    (追伸)
     体育祭のインターネットライブ中継にもたくさんの方々にアクセスいただきありがとうございました。お蔭様で『日本の学校アクセスランキング集計』で9月4日(日)のアクセス数第一位にランキングされました。今後も本校ホームページを通じて様々な学校情報を提供したいと思います。

  • 2011年09月04日教務部より

    体育祭延期(T_T)

     暴風と雨天のために、本日開催予定の体育祭は明日に延期されました。2学期になって体育祭一筋にがんばってきた生徒諸君にとって、非常に残念なことだったとは思いますが、天候による延期なのでやむを得ません。明日も小雨の予報が出ているようです。しかしこれまでの努力の成果を発揮してもらうためにも、小雨決行で実施いたします。特に最後の体育祭となる3年生には、延期でプログラムが縮小されてもしっかりとリーダーシップを発揮してもらいたいと思います。
    あしたの天気が心配です…。

  • 2011年07月03日教務部より

    教務部より

     早いもので1学期も残すところ2週間あまりとなりました。武田校長のスローガン“日本一生徒を大切にする学校”を実現するために、'家庭訪問' や '学校の見える化' に力を注いで、保護者との連携を図ってきた結果、少しずつその成果があらわれているようです。
     その成果のひとつに出席率の向上があげられます。本校では出席率 '99.5%' と非常に高い目標をかかげて、生徒諸君に安易に休むことなく、毎日きちんと学校に登校することを習慣化させるよう努力してまいりました。その結果、先月は出席率99.51%を達成し、4月から6月までの統計でも、'99.46%' ときわめて高い出席率を維持しております。数値的には、毎日欠席者の数が学校全体で、10人にも満たない状態を維持していることになります。生徒諸君の努力、それに担任の先生方のご尽力に敬意を表します。
     もうひとつ学校生活の中で顕著な成果としてあらわれているのが“挨拶”です。校内では生徒諸君の明るく元気な“挨拶”があちらこちらで聞こえています。学校を訪問された方々からも、よく「“挨拶”がすばらしいですね」とお褒めの言葉をいただくようになりました。「挨拶は誰より先に自分から!」毎週月曜日に行っている“九高しぐさ”のひとつですが、それを素直に実践している生徒諸君の成長の証でもあり、生徒一人一人の学校生活に臨む姿勢が大きく変わっていることを感じます。
     このような状態が今後も維持できるよう、保護者の皆様ともさらに連携を深めてまいります。今後も九州高校の教育にご支援とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

このページのトップへ