九高の四季

その他

  • 2016年07月22日その他

    【読書感想文】最優秀賞が決定!!

    読書感想文の最優秀賞が決定いたしました。

    最優秀賞1年6組 藤嶋 晴(東光中学出身)が書いた

    『サブキャラクターから学ぶ』という作品です。

    下記に全文を載せていますのでご覧ください。

    『サブキャラクターから学ぶ』

    私はおちくぼ姫を読みました。北の方という継母や、実の姉妹などの中納言一家からひどいいじめを受けていたおちくぼ姫を、恋に落ちた右近の少将が助け出し、最後は中納言一家と少将一家とが仲直りして幸せな雰囲気で終わった、というストーリーでした。なんとなく少女漫画にありそうな話で、途中ハラハラした時もありましたが最後はハッピーエンドで終わり、とても楽しく読むことができました。ただ、私はこの小説のおちくぼ姫を助けるまでのロマンチックなストーリー展開より、この展開にかかわったある一人の人物に目が行きました。その人はおちくぼ姫の乳姉妹で、名を阿漕といいます。彼女はおちくぼ姫を支え励ましていた存在で信頼されていました。私はそんな彼女の行動に感動しました。

    まず、一つ目に、周りのことを考えて行動することです。この小説が書かれた平安時代には、結婚が決まり次第、三日間夫が夜に妻のもとへ通い正式に結婚をする、というしきたりがありました。またそのしきたりの時、夫への洗面やおもてなし、最後の夜に夫婦となるために食べる三日夜のもちなど準備しなければなりません。そのような準備はだいたい事前に行い用意しておくものですが、おちくぼ姫をのけ者扱いし一人家に残したまま中納言一家が外出をしていたので、そのような準備は一切なく、なにもない状態でおちくぼ姫と少将はしきたりを行おうとしていました。しかしそれでは困るだろうと阿漕が考え、いろいろな手段を使い、あっという間にすべての道具や食事を一人で準備していました。そのおかげで無事二人は夫婦となることが出来ました。

     二つ目に、頭の切れの良さです。北の方に少将と隠れて出会っている事が気づかれた場面では、おちくぼ姫が小屋に閉じ込められ、さらに北の方の親戚で女遊びが激しい中年の典薬の助との結婚が決められてしまいました。それにひどく落ち込み怖がっていたおちくぼ姫を阿漕は励まし元気づけ、何とか結婚を阻止する方法はないものかと考え、典薬の助を小屋の中に入れさせないために小屋の中の荷物をつっかえ代わりにするように姫に指示したり、中納言一家が外出したすきを狙って姫を助け出すために少将とお互い使者を出し、やりとりをしたことで、見事に姫を助け出すことが出来たのです。

    これらの彼女の行動を見ていくと、阿漕という人物の能力の高さがうかがえます。いつでも臨機応変に対応し、先を見て行動すること、正確な判断を下すことで、正しい方向へ導いてくれます。

     このような彼女の能力はこれから社会に出ていく私にとって必要不可欠なものだと思います。この機転の良さは社会においてかなり重要視されるのではないでしょうか。私も彼女のその能力を見習いたいです。そしてこの能力の他にも見習いたいことがあります。それは、自分の行動に対して自信を持つことです。

     先ほども書きましたが、彼女はおちくぼ姫を北の方からの理不尽な罰から逃れさせることに成功しました。周りと連携しながら彼女が様々な作戦を立て、その作戦を実行したところも素晴らしいと思いますが、それよりもその作戦で姫を助けられると思えたところが彼女のすごいところだと思います。これは、自分に絶対の自信がないとできません。そしてこの自信を持つためには多くの知識と経験が必要になります。それを兼ね備えた彼女はある意味最強と言っていいと思います。

     今まで書いてきた彼女の能力は人生の中で必ず必要となる時が来ます。そして、その時が来る前に身に付けておかねばなりません。そのためにすべきことは高校で自分の頭脳、そして人間的な面で成長させることだと思います。それを達成するために充実した高校生活を送れるよう励みたいと思います。

  • 2016年03月02日その他

    【第110号】学校新聞を更新しています。

    九州産業大学付属九州高等学校 新聞 第110号(3/1)が出来ました。

    九高の情報が盛りだくさんです。ご覧下さい!!

  • 2013年11月04日その他

    OBの活躍!!TV出演決定!!

    先日もお知らせいたしました、本校第44期卒業の渡辺 勝選手が、TV出演することになりました。

    渡辺選手は大分国際車いすマラソンにて第2位(日本人1位!!)という輝かしい成績をおさめられました。その様子が、ドキュメントとして放送されるそうです。詳細は下記の通りです。

    ■放送日 11月23日(土・祝)16:00〜17:00

    ■KBC (九州朝日放送系列)

    ■「照英が観た世界のOITA〜第33回大分国際車いすマラソン大会〜」

    昨年、皆さんから集まった文化祭のチャリティ募金で競技用車椅子の贈呈を行いました。

    渡辺選手からは、「みなさんのお陰で競技用車椅子に乗ることができました。ありがとう」とお礼のお言葉を頂いております。

    昨日、彼の中学校時代の野球部恩師から、お話を聞くことがあり、彼の走りは「粘り強い」「最後まで諦めない」「本当に前向きで誇りに思う」とお話されました。

    昔と今とどっちがいいですか?という質問に対して、「今が、いい。」と即お答えになられていたそうです。

    実は、彼の応援の為に大分に朝早くから向かい、お一人で応援の旗を30本立てたそうです!!そして取材もあったとか・・・。もちろん撤収もお一人だった為、「映るなら撤収も映してくれないかなぁ」と冗談交じりでお話されました。

    また、本校野球部監督は「今回の出場選手の中でも若い選手。今は勤めながら仕事と練習を両立させ、本当によく頑張っている。パラリンピック出場に向けて本当に楽しみだ。」とお話くださいました。

    彼の周りには、彼の人柄を表すような方が沢山集まっているようにも感じました。また、彼の走りの原点には中学校、高校時代に培われた”野球部魂”があるのかもしれません。

    みなさん、ぜひ放送をご覧ください!

  • 2013年10月30日その他

    OBの活躍

    現在楽天対巨人のプロ野球日本シリーズが開催されておりますが、そこで活躍している九州高校のOBの存在をご存知でしょうか。その名は「有隅昭二」10月29日の日本シリーズ第3戦で主審を務めておりました。小学校5年生から野球を始め、九州高校を経てプロ野球ヤクルトスワローズに入団。一軍出場の機会のないまま、1992年セントラルリーグ審判に転身された有隅先輩!日本シリーズという大舞台で主審を務めた本校OB有隅昭二さんをこれからも応援いたしましょう。ちなみに審判員袖番号は37番です!

  • 2013年10月22日その他

    OBの活躍

    本校を卒業し、現在車いす競技者として大活躍されている渡辺 勝選手!
    また、初の日本代表として7月にフランス・リヨンで開催された「障害者陸上世界選手権」の”男子車いす1万メートル”で銀メダルを獲得されました。

    2020年の東京五輪、パラリンピック開催が決まり「始めた時から世界一が目標。出場全種目で金メダルをとりたい。」とお話され、代表としての志は高まっているそうです。(スポーツ紙一部抜粋)

    引き続き、渡辺選手を応援を宜しくお願い致します。また、今後の活躍にも期待しましょう。

  • 2013年10月20日その他

    第2回オープンスクール

    第2回オープンスクールを開催いたしました。

    今回も900名を超す中学生及び保護者の皆様にご来校いただき、学校の魅力を存分に理解していただくことができたと考えております。授業体健や部活動体験等をはじめ九州高校は様々な教育活動を通じて生徒の個性を伸ばし、“卓然自立”の建学の精神を具現化するために日々努力を重ねているところでございます。創立50周年を迎え、さらなる教育への情熱を燃やし生徒一人一人を大切にする学校でありたいと思います。

    本日おこしいただいた中学生及び保護者の皆様に深く感謝申し上げます。第3回オープンスクールは11月3日(日)に予定されております。第3回では高校入試攻略講座やデザイン科の実技講習会等、入試をひかえた受験生に少しでも役立つ内容をお届けしたいと思っております。どうぞ第3回オープンスクールにもふるってご参加いただきますようよろしくお願い申し上げます。

  • 2013年07月17日その他

    ☆東進ハイスクール特別授業☆

     本日は東進ハイスクールのご協力により、知る人ぞ知るカリスマ英語教師今井宏先生にご来校いただき、特進クラスの生徒に対し特別授業を実施していただきました。さすがに全国で活躍しておられるカリスマ教師だけあって、生徒は圧倒されっぱなし!常に笑いの絶えないすばらしい授業で、あっという間に1時間の授業が終わってしまいました。夏休みにも有名講師を招いた特別授業を計画しています。特進クラスの皆さん!いい刺激を受けて、さらに学力アップを図ってくださいね。
    (著作権の関係で、特別授業の写真を公開できないのが残念です)

  • 2013年07月01日その他

    「九高だより」より

    7月1日(月)発行いたしましたWeb版“九高だより”から抜粋です。

    生徒諸君は、期末考査が終了すれば、充実しながらも多忙な1学期に区切りがつき、ほっと一息つく頃かもしれません。しかし、これから夏休みを迎えるまでに、勉学と学校生活の両面にわたり、各自の努力とその成果について振り返り、夏休みの過ごし方に反映させて欲しいものです。

     1・今学期の出席状況は、どうだったか。
     2・今学期の定期考査の成績は、満足できるものだったか。
     3・積極的な態度や姿勢で、高校生活をあらゆる面で充実させたか。

     さて、いかがでしょうか。学年の「前半戦」ともいえる1学期について、改善すべき点を心に留め、「ハーフタイム」である夏休みを修正・改善の絶好の機会とし、是非、2学期以降の「後半戦」に備えてもらいたいと思います。保護者会ではクラス担任より、生徒ひとりひとりの学習・生活の状況と、それに基づく適切なアドバイスをお伝え致したいと思います。

  • 2013年04月16日その他

    部活動紹介

    ファイル 838-1.jpgファイル 838-2.jpg

    本日、5・6・7限目に部活動紹介をおこないました。

    本校には文化部、運動部あわせて38の部活動があります。
    練習の風景を再現したり、言葉では伝え切れない思いを映像で流したり、パフォーマンスで伝えたり・・・それぞれ工夫された内容で、一年生を引き付けていました。

    本日の部活動紹介を見ていて、私自身の高校時代を思い出しました。運動部に所属していた私は、休みなく毎日厳しい練習でした。
    しかし、部活を通して学んだことは本当に多く、社会に出て必要なこと、挨拶・礼儀・マナー・・・など沢山のことを教えていただいた大切な時間となっています。

    高校生活3年間、長いようで短い3年間です。
    同じ目標に向かって過ごした仲間との経験は何にも変えられない財産となります。

    気になった部活があったら、勇気を出して体験に行って見て下さいね。新しい自分を発見できるチャンスかもしれません。
    何か夢中になれるものをもって、3年間有意義に過ごしてほしいものです。

  • 2013年04月09日その他

    今年度の「九高ブログ」について

    昨年度まで、「ブログの噺」として、学内のスケッチ文を週に2回ほど掲載していましたが、今年度より新機軸として、学内の様々な部署とセクションが執筆を分担して、さらに多彩で内容豊かな「九高ブログ」を目指すことになりました。
     よりインフォーマティブで臨場感溢れる、学校のレポートをお伝えすべく、学校中から話題を集めて、皆様のご期待に応え、さらに魅力ある「九高ブログ」にしたいと思います。どうぞご愛読のほど、よろしくお願い申し上げます。

このページのトップへ