九高の四季

九高の四季

2017年3月の記事

  • 2017年03月17日生徒会活動

    【生徒会】ペットボトルキャップ年間回収の最終結果報告!!

    • ペットボトルキャップ回収317.jpg

    3月17日(金)

    生徒会が年間通じて取り組んでいる

    『ペットボトルキャップ年間回収の最終結果報告!!』をさせていただきます。

    今年度の目標は200Kgでしたが

    1学期 72Kg

    2学期 75Kg

    3学期 50.5Kg

    トータル197.5Kgとなりました。

    なんとも惜しい!!悔しい結果となりました。

    来年度は年間250Kg回収を目標に頑張ります。

    ご協力いただいた皆さんありがとうございました。

    回収したペットボトルキャップはイオン九州株式会社を通じて寄付されます。

  • 2017年03月16日ブログの噺

    「いきものがかり」

     AI(人工知能)が発達するにつれて、「将来消える恐れがある職業」「未来でも残る仕事」といった話題が、いろいろなところで語られています。様々な業務やサービスがAIによって代替されるならば、多くの職業で業態・業務の変化が予想されるのは当然ですが、いきなり「消滅」「残存」が人の口に上るのは、AIの進化にともなう技術革新の影響と衝撃の大きさをものがたっているのでしょう。

     高校は、生徒の将来の進学や就職につながる進路指導をする教育機関なので、当然、こうしたことについて強い関心を抱いています。せっかく志を抱いて手に入れた職の「存続性・永続性」が疑われるのは、まさに未来を生きる人にとって「死活問題」です。

     このことについて、職員室でもこんな声が聞こえてきました。

     「いろいろな仕事がAIに代替されたら、人間がやるべきことが限られてくるかもしれないなあ」「そうなると、職業選択ってますます難しくなるでしょうね」「高校生のキャリア教育も、視点を変えないといけないかもね」「結局、ヒトがヒトを直接扱う必要のある仕事が残る気がします「その点でいえば、手前味噌になるけれど、学校というのは世の中からなくなりにくいものじゃないかなあ・・・」

     先生たちも、「我が身のこと」が少し心配になったのでしょう。

     「どんなに緻密なプログラミングをしたとしても、学校では、それを超える生徒達の、『想定外』の行動や事態が起こりますからね」「そうだね。いろいろな人間が集団を形成して、そこで生じる『想定外』と取り組む点で、学校は簡単にはなくならないだろうな」「人工知能を超えた生徒の行状を、先生が人工知能でできない技で対処しなければならないわけですからね」

     確かに、学校の先生と生徒の関わり合いは、どんなに人工知能が発達しようとも、それが取って代わりにくい要素が多々あります。いうなれば、この地球という美しい星に生まれた『生き物』と『生き物』が、社会のミニ・シュミレーションの中で、互いに調和した関係を保つための知恵やコミュニケーション能力を鍛え鍛えられる。そんなかけがえのない場所が学校なのです。

     

     あるクラスで担任の先生が、年度最後の授業で生徒達に向かって、こう言うのが聞こえてきました。

     「縁があって1年間この教室でいっしょに過ごしたわけだけど、キミたちもボクも、お互いの『いきものがかり』として、関わり続けたわけだ。このことを、ボクはきっとずっと忘れないと思うよ」

     ちなみにそのクラスは、「だれが生徒か先生か」というめだかの学校のような雰囲気をたたえながら、AIにはできない「臨機応変さ」や「柔軟性」によって、何とか一年間を泳ぎ切ったようでした。

     「メダカみたいに、とてもスイスイというわけではなかったけれどね・・・」

     きっと先生も生徒も、共有した時間について同じような感慨を胸に抱いていることでしょう。

              *   *   *   *   *

     これで今年度の「噺」はラストです。ご愛読に感謝申し上げます。来年度もよろしくお願いいたします。

  • 2017年03月02日ブログの噺

    「ツイッター」

     昨日卒業証書授与式が行われ、500名の卒業生が本校を巣立ちました。まだ寒い体育館がホットな空気で満たされ、感動的な式典となりました。

     卒業式の日に学校新聞が発行され、恒例として紙面には3年生の各クラス担任の先生から卒業生に向けて、心のこもった「贈る言葉」が掲載されています。

    曰く。「謙虚・誠実・感謝を忘れずに」「いい顔・いい言葉・いい心」「心豊かな人生を」「Never give up!」「ありがとうと感謝を伝えよう」「夢と希望を持って」「自己表現を続けよう」…etc

     それぞれのクラス担任の先生の、卒業生に対しての思いが溢れたメッセージばかりです。

     学校新聞の編集の係の先生から聞きました。

     「これだけ丁寧に読み込まれて、もしかしたら記念にずっと保管されるかもしれない新聞ってあまりないだろうなあって思います。ある意味では、『古新聞』になるまでの賞味期限が長い新聞ですね」

     学校新聞は年3回、7月と11月と3月に1学期に1回定期的に発行されますが、当然、学校行事を中心に記事がまとめられるため、毎年ほぼ同じ紙面構成になり、マンネリにならないようにするのが編集上の苦労だそうです。特に3月は「卒業式記念号」なので、掲載することが自ずから決まってきます。

     「斬新で意外なニュースも載せたいんですけどね。やっぱり毎年繰り返される紋切型の大切さもありますしね」

     それはそうでしょう。学校新聞に「宇宙人捕まる!」とか「墜落したUFOの破片発見!!」等、「総合レジャー新聞」のような記事を期待するのは無理なのです。

     「でも、この前ふと思いました。単なる妄想ですけど、ワシントン・ポスト紙やニューヨーク・タイムズ紙みたいに、アメリカ大統領から『九州高校の学校新聞は偽ニュースばかりだ』ってツイッターされたら、とてもエキサイティングだろうなあって・・・」

     係の先生が小さな声でツイートしました。

このページのトップへ