九高の四季

九高の四季

2014年の記事

  • 2014年12月18日ブログの噺

    「ボディビル」

    「ボディビル」

     年内最後の噺(はなし)です。「「噺」って、何て読むんですか」と生徒から聞かれたので、読み方を書いてみました。「口へん」に「新しい」と書いて、「噺(はなし)」です。

      日が暮れるのがすっかり早くなりました。女子生徒が多くなっている現状で、本校では、通学路の安全がいっそう求められています。

     顔見知りの生徒と、こんな会話をしました。

     「この頃では、5時半くらいになると真っ暗になりますね」「夏とは、まったく時刻が違って感じられるよ」「こんな季節には、駅まで『近くて便利』って大事ですね」。コンビニのキャッチフレーズは、学校にも当てはまるようです。「しかも、安全だしね」

     平成3年にJR九州高校口ができる前は、香椎の町並みが入り組んでいるせいもあり、駅までの道のりが遠く感じましたが、今ではすぐれた「ショートカット」のおかげで、「遠近感」が違います。

     「そういえば、九高口ができる前は、線路を渡る生徒がいたって聞いたことがあります」「そうだよ。早く帰りたい気持ちで危険を顧みなかった生徒がいたんだよ。その頃の生徒の間では、線路を渡ることを『ワープ』って呼んでいたようだよ」「・・・ワープですか?」

     これには、現代の高校生には解説が必要かもしれません。当時、「宇宙戦艦ヤマト」というTVアニメが流行り、ヤマトは、「ワープ」と呼ばれる「三次元空間を四次元的に折り曲げて、出発点と目的地をくっつけ一瞬で目的地に行く宇宙航行法」により、宇宙空間を瞬間移動していたのです。当然、この頃では、線路を「ワープ」する生徒もいなくなりました。

     「九高口ができてから、登校にかかる時間が短縮されたのと同時に、事故に対しての安全も確保されたよ」「どういう意味ですか?」「ずいぶん前のことだけど、あわてて線路を渡って転んで腹部を強打して、大ケガした生徒がいたんだよ」「そんなことがあったんですか」「うん。あの時は本当にびっくりしたなあ」「線路を渡るって危険って、列車事故ばかりじゃないんですね」

     その時、一命をとりとめた生徒は、もう40代半ばを過ぎていると思います。

     「それから当然、夜道の安全が確保されたしね」「九高口を通らないと、ずいぶん暗くって細い道を歩かないといけないですよね」「でもね、九高口を通る時でも、暗くなったら気をつけなくちゃね」「それなら、先生、私のボディビルになって下さい」「・・・・・・?」「あっ、間違った。ボディガードでした」「ああ。一瞬、鏡の前で、筋肉を誇示しなくちゃならないのかと思ったよ」

     少し早いのですが、よいお年をお迎え下さい。

  • 2014年12月11日ブログの噺

    「初犯」

     来週火曜日から保護者会が始まり、いよいよ終業式に向ってカウントダウンが始まっています。早くも、頭の中にジングルベルが鳴り響き、トナカイに引かれたソリで登下校するイメージを描いている生徒がいるかもしれません。センター試験が刻々と迫る受験生にとっては、それどころではないでしょうが。

     寒くなったせいか、体育の授業の後、教室のカギ係の生徒が来るのを待ち切れなかったのか、偶然開いていた廊下側の窓から教室に入ろうとして、見つかった生徒が先生から叱られています。

     「窓から入ろうとするなんて、君は猫か」「すみません。窓のカギをかけ忘れているが目に入って、つい」

     こんな場合、生徒が「実は、ボクはネコです」などと言おうものなら、指導時間は延びます。もっとも、猫が窓を手で開けるとしたら、ユーチューブに投稿ものです。

     「すみません。初めてやったんです。許して下さい」。こんな場合、平謝りが、「早期釈放の道」です。

     「まったく、常識というものがない行動だぞ」「すみませんでした。うっかりやりました。初めてなんです」

     なかなか指導は終りません。生徒は「初犯」を強調していますが、車のスピード違反と同様、「そんなわけはないだろう」というのが、取り締まり側のスタンスなのです。「ゴキブリホイホイ」に捕われたゴキブリが「初めてなので許して下さい」と言って、リリースしてもらおうとするようなものでしょう。

     こういう場合、言い逃れの手段として「みんなやってます」などと抗弁する手もありますが、事態はもっとややこしくなることを、生徒は経験則で知っています。

     ちなみに、国民性を表す小噺で、何かをする理由として、アメリカ人は「かっこいいから」、ドイツ人は「法律で決まっているから」、フランス人は「するなと言われるから」、日本人は「みんながやっているから」するそうです。

     「初めてのおつかい」ならぬ「初めての窓から教室侵入」は、「みんながやっている行為」ではなく、かつ、あまり「カワイイ行為」ではなかったようでした。それでも、生徒がぼやく声が聞こえました。

     「本当に、初めてやったんだけどなあ・・・」

     

  • 2014年12月04日ブログの噺

    「先生なん?」

     師走になりました。期末考査も終わり、成績処理に追われる日々です。忙しいはずなのですが、近所を歩いていたら、「あらっ、先生、走っていませんね?」と、からからかわれる12月です。

     帰り道、JR九州高校口からプラットフォームの方に向かって歩いていると、本校生の4、5人のグループとすれ違いました。その際、一人の生徒が「こんにちは!」とあいさつしてくれたので、「こんにちは」と応えたら、しばらくすると、別の生徒の声が聞こえて来ました。

     「先生なん?」「うん」「あっ、そう」

     大変簡潔な会話ですが、「(今すれ違った人は)九州高校の先生?」という、確認のやり取りだったようです。スクールバッグの光沢から判断すると、1年生のグループでしょう。思わず呟きました。

     「まったく素人は困るなあ・・・。でもね、彼らのうち、少なくとも一人からは、知られていたわけだ。認知度はほぼ25パーセントだな。一億2千万の国民ならば、少なくとも3千万人くらいが知っていることになるか。中国だったら3億人以上。地球規模だったら・・・」。はてしなく、余計なことが頭に浮かびました。

     教科によって違いますが、一般的に先生というのは、学年と共に「進級」する場合が多く、すなわち所属する学年以外の生徒から、まったく顔を知られていないということがあります。そのように「面が割れていない」場合、耳をパラボラアンテナ状態にしておくと、受信料を払ってないのに、通学途中の生徒から、いろいろな先生のウワサを「傍受」することがあります。

     「○×先生の授業って面白い」「△◇先生、カッコイイー!」。こんな肯定的なものから、時々ネガティブなものもあり、そんな時、恐ろしい秘密を盗聴したような気分になります。

     「聞いてはならぬものを聞いてしまった。これは、特定秘密保護法の範囲だな・・・」

     話を戻すと、生徒が「先生を先生と認知できない」ケースとは逆に、「生徒を生徒と気づかない」場合もあります。

     休日に、町で会った高校生くらいの若者から会釈をされ、会釈を返したものの誰かよく分からず、「卒業生だったかなあ・・・」とぼんやり考え、数時間後に、現在教えている生徒だと気づいて、こんな自問をしたことがあります。

     「あの生徒、教室とまったく違う雰囲気だったなあ・・・生徒なん?」

  • 2014年11月20日ブログの噺

    「エコな黒板」

     授業中に、生徒から言われました。「先生。黒板の文字が薄いから、もっと濃く書いて下さい」

     確かに、日の差し方のせいか黒板が白く光って、板書の文字が見づらいようです。

     「できるだけ濃く書いてみるけど、限界があるから、その時は机を動かして見やすいようにしなさい」。文字が薄いのは、私の筆圧が弱いことも一因なのでしょう。「血圧ならば高いけどなあ・・・」。よけいなことが頭をよぎりました。

     授業が終わって、黒板を消している日直の生徒から、慰めるように言われました。

     「でもですね、先生の板書は消しやすくって楽ですよ」「まあ、それが特長といえばそうだね」「○×先生の板書は、チョークを塗り込めたようだから、力を込めて消さないとなかなか消えないんです。おまけに、文字を消しても、引っかき傷のようなあとが残ります」「教えることに対する執念を感じるね」。ただし、私が、不熱心に授業をしているというわけではありません。

     そこで、イイワケを言ってみました。

     「ボクはね、子供の時、左利きだったけど、母親から、右手で鉛筆と箸を持つようになおされたんだよ。それで、あまり筆圧が強くないんだ」「昔は、左利きをなおしていたんですか」「うん。『縄文時代』とか『石器時代』ほど昔のことではないけど、ペンや箸を右で使えるようになおすのは、珍しくなかった気がするね」「それって大変だったでしょ?」「右手を使わないように、包帯を巻かれたこともあった気がするな」「今なら、虐待ですね」

     今時では、生徒のみならず若い先生でも、左手で文字を書いている姿が珍しくなくなりました。そもそも「左利き」を「右」にかえること自体が、「時代遅れ」でナンセンスなのかもしれません。

     「そういう事情だから、ボクのチョークの文字は、書いてから1時間くらいすると、自然にふわぁーっと消える、環境に優しいエコな文字だよ」「まさか!」

     職員室に戻って、この話をしたら、ベテランの先生からこんなコメントがありました。

     「板書っていえば、黒板に文字を書くのは慣れてだんだんうまくなるけど、問題は肩だね」「・・・・・・?」「最近では、板書するのが辛くなってね。五十肩っていうのかなあ。『腕はあがった』が、『腕があがらない』っていう状態だよ」「うまいですね」「右腕がダメなら、左で書ければいいんだけど・・・」。ちなみに、私には、もう左手で筆記用具を使う能力は残っていません。

     

    ※来週は期末考査期間中なので、「噺」はお休みです。

     

  • 2014年11月17日2014デザイン科パリ

    パリ修学旅行 写真集

  • 2014年11月17日2014普通科国内02

    ☆B団☆修学旅行写真集

  • 2014年11月17日2014普通科国内01

    ☆A団☆ 修学旅行写真集

  • 2014年11月15日2014普通科国内01

    ☆A団☆ 最終日

    とうとう修学旅行最終日です。 まずは「妻籠宿」へ向かいました。 ここでは、脇本陣、本陣、資料館 などを見学してから自由散策! この5日間で様々なものを食べて参りましたが、ここでも栗きんとんソフトクリームや五平餅を美味しそうに頬張る生徒たちの姿が見られました! さて、見学するところはこれが最後です! 名古屋駅に向かいます~! バスの中では口々に「楽しかった~」「帰りたくない~」などと修学旅行の感想をお互いに述べていました。 5日間お世話になったバスの運転手さん、バスガイドさんたちともお別れをし、新幹線へと乗り込みました。 この5日間、本当に毎日元気に楽しく過ごして参りましたので、新幹線ではぐっすりかなと思っていたのですが、そんなことはなく帰りの新幹線でも元気にお喋りに花を咲かせておりました。 あるクラスは迫る期末考査に向けて、勉強に励んでおり、なんだか微笑ましくも逞しいなと思いました。 大きな事故も病気もなく、無事に全員帰ってくることができて本当に良かったです。 前半は、うまくBlogが更新できずに申し訳ありませんでしたが、楽しく読んでいただけたなら幸いです! 4泊5日間、ありがとうございました!

  • 2014年11月14日2014普通科国内02

    ☆B団☆最終日です!

    電波の関係で更新できなかった今朝の記事です。

    遅くなってすみません。

    おはようございます!
    いよいよ最終日となりました。
    我々B団は、本日、ついに、とうとう、待ちに待った、
    USJです!!!
    生徒たちのテンションもここ一番の盛り上がりを見せています。


    昨晩宿泊したホテルモントレグラスミア大阪も、本当に本当に素敵なホテルでした。
    夕食は23階のホールで…大阪の街を見下ろし美しい夜景とともに…
    その豪華さ贅沢さに胸はトキメキ、目はキラキラ…
    ここでも素敵なおもてなし、ありがとうございました。


    気になるお天気ですが、気持ち良く晴れております!
    O先生の神懸かり的な晴れ男パワーは今日も絶好調です!

    (ちなみに、昨日の永平寺では土砂降り!あられさえ降ってきました。
    「先生のパワーもここまでか…」と思ったのも束の間、先生が石段に降り立つと
    「あれ?小降りになった?」…なんと、ついには止んでしまったのでした。
    なんということでしょう。ありがたや…)

    それでは、本日最大のイベント、USJに行って参ります!
    そして笑顔で無事に福岡に帰りたいと思います。
    みんな、最後まで気を抜かずがんばるぞー!

  • 2014年11月14日2014デザイン科パリ

    パリ修学旅行4日目

    今日はコース別研修でした!

    D班…ノートルダム大聖堂、シャンゼリゼ通り散策、プティパレ美術館、チュルリー公園で昼食

        装飾美術館、ポンピドゥーセンター

    E班…サンラザール駅、マドレーヌ教会、モロー美術館、パサージュ散策、オペラ座、

        パリ市立近代美術館

    F班…ノートルダム大聖堂、ロダン美術館、サンジェルマンデプレ界隈、ポンピドゥセンター、

        パサージュ

    というように、各班盛りだくさんの内容!

    それぞれ、メトロを利用して目的地へ向かいましたが、朝の満員ラッシュに遭遇。

    メトロではぐれると大変な事態です。

    満員電車を見たとき、全員で乗るのは難しいかな、大丈夫かな・・・と思いましたが、いざやってみるとみんな迅速に動き、お互い声を掛け合い、助け合っている姿が見られました。

    1日で6回乗った班もありましたが、どの班も無事メトロの難関を乗り越えました。

     

    今日はパリで活動する最終日ということもあり、美術研修の他にお土産をゲットするという大事な仕事も忘れてはいけません。

    今回の旅の目的はもちろん美術研修なので、お土産を買える機会はかなり限られています。

    今日がラストチャンスかもしれないということで、解散の合図がかかった瞬間に、バーゲンセールのようにダッシュで買い物へ向かう人も多くいました。

    それでもやはり時間が足りず、まだまだ買い足りないという声も聞かれましたが、この盛りだくさんの旅を通してたくさんの思い出ができたはず!!

    ものとしては残らなくても、素敵な写真として多く残している人がほとんどだと思います。

    それを見れば、この旅がいかに素晴らしい旅であったか、満足できるのではないでしょうか。

    ということで、明日ついに帰国です。

    この旅を通して、一回りも二回りも成長した姿をみなさんにお見せできるよう、最終日気を引き締めて日本へ帰ります!

    パリからアップするブログはこれで最後です。

    明日の早朝出発して、日本時間の土曜日の9時10分ごろ福岡着予定です。

    家に帰るまでが修学旅行!長い帰路ですが、全員無事に帰れるよう最後までしっかり頑張ります!

    Au Revoir!

このページのトップへ