九高の四季

九高の四季

2016年の記事

  • 2016年12月15日ブログの噺

    「ネガティブリスト」

     「先生のクラスの生徒が、昼休み、廊下の掃除用具入れの中に入って遊んでいます」

     ある日、あるクラスの担任の先生にこんな「通報」があり、現場検証に駆け付けると、「引田天功」のような「脱出パフォーマンスごっこ」が行われていることが判明しました。当然、すぐに「再発防止」のために指導が行われましたが、高校生に向かって「掃除道具箱で遊ばない」というのはあまりにも幼稚です。

     「小学生じゃないんだから、こんなことをするなよ」「今時の小学生はこんなことをしません」「・・・それならなおさらだろ?」「そうですか?」・・・不思議な指導になりました。

     一般的に考えると、高校生は「やってはいけないこと」へのチャレンジ精神に富む年頃です。「勇気ある試行錯誤」のプロセスで「常識」を身に付け、やがて大人になるのでしょう。

     「やってはならないこと」を集約したものを「ネガティブリスト」と呼ぶそうです。たとえば旧約聖書の「モーセの十戒」。「〇×するなかれ」の箇条書きです。

     ところが、このリストを裏返してみれば、「やってはならないこと以外はすべてやってもいい」という解釈にもなるようで、そう考えると、まさに高校生は「ネガティブリスト」に挑戦するかのように行動する集団です。

     またある日のこと、あるクラスの生徒が、机上の自分のペンケースがふくれているので、その中を開けてみました。

     「何だ、これ?」

     するとびっくり。ペンケースの中には、何とバナナが入っていました。クラスメートの一人が冗談に入れたようです。

     「誕生日のプレゼント。好物だと思ってね」「・・・・・・」。教室が爆笑に包まれました。

     ところが、数日すると、別のクラスで生徒のカバンの中から、パックの豆腐や袋入りのうどんが発見されました。

     こうした一連の事態に対処していた先生が呟きました。

     「これはあまり冗談がエスカレートしないうちに、ネガティブリストに入れなければならないのかなあ・・・」

     高校生の想像力の及ぶ範囲のことをすべてカバーする遠大な「ネガティブリスト」の作成を思うと、先生は気が遠くなる思いがしました。

     

     年内の「ブログの噺」はこれで終わりです。よいお年をお迎え下さい。

  • 2016年12月07日生徒会活動

    【新生徒会】九高かわらばん第1号が出来ました!

  • 2016年12月01日ブログの噺

    「修学旅行の引率」

     久しぶりに修学旅行の引率をしたベテランの先生が、こんな感想を述べていました。

     「いやあ。ずいぶん昔と修学旅行も変わりましたね。先ず宿泊先にしても、とても高校生の旅行とは思えないくらい豪華なホテルですし。泊まる部屋にしてもツインとか、少人数での宿泊ですから。おまけにベッドがあったりして、大部屋にゴロ寝していた時代とはまったく違います」

     先生の脳裏には昭和の昔、自らの高校時代の修学旅行で泊まった旅館のイメージが浮かんでいるようです。

     「枕投げなんて、もう過去のものなんですね。布団を敷き詰めた畳の部屋じゃないですから。もし枕がいっぱい並んでいても、この頃の生徒は、そんなことしないでしょうか」

     確かに、和室に布団を敷く旅館でなければ、そんな「お楽しみ」もないのでしょう。話は続きます。

     「お風呂にしても、部屋のバスルームで入浴ですから。現代っ子は、『温泉』ですら嫌がるって聞いたことがあります。やはり『個の時代』なんでしょうね」。プライベートな空間の確保というのが現代では最優先され、その風潮が修学旅行にも反映されているのかもしれません。

     最後は食事についてです。

     「食事もビュッフェスタイルでした。食べ放題のバイキングとは違うんだそうですけど、ずいぶんスマートです。食べものをムダにしないという点では、この方が合理的なのかもしれませんが」

     確かに「修学旅行」も、「食・住」のいろいろな点ですっかり様変わりしました。制服で移動する「衣」の点でも、一部の行程で私服が認められたり、ホテルの部屋を出る時にはジャージ姿が禁じられたり、変化が見られるようになりました。

     ちなみに、その先生に修学旅行期間中でもっとも印象に残ったことをたずねてみると、こんな回答がありました。

     「そうですね。・・・アメリカ大統領選でトランプ氏が勝利したことかなあ」

     修学旅行2日目の宿泊先のテレビで知って、先生は大いに「ショック」を受けたそうです。しかし、聞き手は思わず、「そっち?」と反応してしまいました。

     

  • 2016年11月17日ブログの噺

    「校長の机」

     ある午後のことです。ある体育の先生が、職員室の校長先生の机で書類を記入していると、営業で来校した書籍会社の人がその姿を目にして、そっと寄って来て話しかけました。

     「こんにちは」「こんにちは」「・・・校長先生でいらっしゃいますか?」「いえ・・・。あの、決してそのようなものでは・・・」

     するとその時、会社の人は、校長先生がわざと冗談を言ったと思ったようです。先生がイスにどっしりと座り、あまりにも平然とした様子で仕事をしていたからでしょう。

     そこで先生は、あわてて言いました。

     「すみません。ちょっと書くものがあったので、校長先生の机をお借りしていただけなんです」「あーら。そうでしたか」

     よく見ると先生は授業用のジャージ姿で、しかも胸には、「スーパーマン」のマークくらいの大きさの「ア〇ッ×ス」の商標がついたトレーナーを着ていました。

     「すみません。つい間違えてしまいまして、大変失礼致しました」「いいえ。こちらこそ失礼しました」

     学校で校長と「間違えること・間違えられること」は別に、「失礼」の範疇には入らないと思われますが、ある意味では「事故」だったのでしょう。

     2人の間でぎこちないやり取りが交わされていると、職員室の遠くに校長先生の姿が見えました。先生はその方向を見て言いました。

     「あっ、あちらがホンモノです」

      書籍会社の人はさらに恐縮しています。「本当に大変失礼致しました」「いいえ。こちらこそ」

     しばらくして先生は、誤解を生じさせたことに対してまったく反省する様子もなく、こう呟きました。

     「うーん。やっぱり校長先生に、『ア〇ッ×ス』のマーク入りの上着を着てもらわんといかんなあ・・・」

  • 2016年10月31日生徒会活動

    【生徒会】九高かわらばん第5号が出来ました!

    • 129268-1.jpg

    平成28年度最後のかわらばんです。

    この一年、たくさんの方に支えていただいたおかげで、行事の成功や様々な生徒会活動を順調に行うことが出来ました。

    今回のかわらばんは生徒会役員11名からの感謝の気持ちです。

    1年間ありがとうございました。

  • 2016年10月27日ブログの噺

    「水族館」

     どんなきっかけでそんな話題になったのかよく分かりませんが、あるクラスで生徒が、こんなことを担任の先生に話しかけているのが聞こえてきました。

     「ボクたちのクラスの雰囲気って、そもそも動物園みたいだったじゃないですか?」「どういう意味?」「そうですね。いろいろなタイプの生徒がいて、とにかくにぎやかで」「まあ、強いてたとえればそうかもね。『動物園』っていうのは、ちょっと語弊があるかもしれないけど」。担任の先生は、生徒のストレートな表現に少々ブレーキをかけているようです。

     「最近、教室がだいぶん落ち着いた感じになってきた気がしますけど、1学期の最初の頃の休み時間は、みんなウレシクってたまらないっていう感じでドタバタしていましたよね」「そうだね・・・」

     昼休みになれば、「トムとジェリー」のような追いかけっこが始まり、とにかく運動量の多かった教室の印象が頭に浮かびました。

     確かに、このクラスの学年のスタート時点では、「新しい出会い」がクラスメート一人ひとりにとって、とても刺激的だったようです。教室では「カオス」というべきか「天地創造」のような混沌とした状態があり、教科担当の先生からも「元気が良過ぎる」「明る過ぎる」というポジティブな言葉に包まれた「落ち着きのなさ」あるいは「騒々しさ」が指摘されることもありました。

     それから半年。クラスはかなり文明的に進化を遂げた環境に変わりました。

     「それにしても、いろいろな種類の生徒っていってもねえ・・・」「同じ学校の同じ高校生でも様々ですから」「確かにそうだね。『霊長類』『人類』という共通項だけで、同じ教室で机を並べるというのは結構刺激的かもね」「それはオーバーでしょ!」

     すると、別の生徒がこう言いました。

     「そういえば動物の図鑑って、前から不思議だと思っていたんですよね。同じページにみんな仲良く、肉食動物も草食動物も載っているのは」「まあ、あれが編集上の都合もあるんだろうけれど」「そうでしょうね。本としては、バラエティに富んでいるところが大切なのかもしれませんね」

     さらに、生徒がたずねました。 

     「ところで、最近のクラスの状態は、一言でいうと先生にはどんな風に見えますか?」

     しばらく考えて、先生は答えました。

     「うーん。朝のホームルームの状態を言い表すと、『水族館』みたいな感じかな」「・・・・・・?」

  • 2016年10月13日ブログの噺

    「調理実習」

     現在、2年生の家庭科の授業で調理実習が行われています。

     メニューは「白身魚のソテーホワイトソース添え、付合わせの野菜、コンソメジェリエンヌ、ご飯、デザートとしてマドレーヌ」。クラスの担任と副担任の先生には、必ず実習後に「試食品」が届けられることになっています。

      クラスの男子生徒から「試食品」を配達されたあるクラスの担任の先生が、若手の副担任の先生に向かって不安そうな顔で呟きました。調理担当者のリストに載っている男子の名前に、若干の懸念が感じられたのです。

     「異物混入させることはないだろうなあ」「・・・大丈夫だと思いますけどね」「今朝のHRで、少し厳しく生活態度について指導したから、その反動が出て『実力行使』に及ばなければいいけど」「まあ、生徒を信じましょう」

     副担の先生には女子生徒が作ったものが「配達」されているので、コメントが「楽観的」あるいは、「他人事」に思われ、そのせいか、ますます担任の先生の不安は大きくなってきました。長い教師生活、様々な「危機管理」の連続なので、「想定外」を想定する習慣が身に付いているのでしょう。

     「まあ、いいか。フグ料理じゃないから・・・」

     いつまでも躊躇していてもらちが明かないので、担任の先生は思い切って試食すると、予想以上に上出来な料理に仕上がっていました。

     「まあ、これなら笑顔で『おいしかったよ』と言えるくらいだ。『案ずるより食べるがやすし』か」

     正しいレシピをしっかり指導してくれた家庭科の先生に感謝しました。

      調理実習といえば、10年くらい前のことですが、なぜか「自分たちの好きなメニューを作ってもよい」という、乱暴な設定の実習がありました。その時、男子生徒によって運ばれてきた試食品のクリームシチューを見てびっくり。何と生卵が3つも、プカリプカリと浮かんでいたのです。

     「先生にスタミナをつけて頂き、いっそうボクたちの指導に励んでもらおうと思いまして」。生徒は真面目な顔で言いました。

     生徒がいなくなって、つぶやきました。

     「うーん。その『心遣い』が怖いんだよなあ。生卵って、トレーニング中の『ロッキー』じゃあるまいし・・・」

     たとえの古さが、時間の経過をものがたっています。

  • 2016年09月29日ブログの噺

    「スパイダーマン登場」

     「あまり良いお話しじゃないんですけど、先生のクラスの・・・」

     若手の先生から話しかけられて、2年生のあるクラスの担任の先生が身構えていると、こう言われました。

     「先生のクラスの男子生徒が、朝のSHRが始まる前に、校内を変なかっこうをして歩いていたので指導しました」「・・・・・・?」「まあ、それほど罪があるものじゃないんですけどね」「服装の乱れとか?」「まあ、服装の乱れといえばそうですけど・・・」

      報告の言葉の語尾が濁されたことに不安を感じて、さっそく休み時間に先生は教室に足を運び、指導を受けた生徒を呼んで「事情聴取」をしました。

     「変なかっこうで校内を歩いて、先生から指導を受けたそうだけど、どんな風にしていたんだい?」「ここで、やるんですか?」「・・・やってごらん」

     生徒は予想に反して、シャツをズボンから出すとか、第一ボタンを外すといった「オーソドックスな服装の乱れ」を披露しませんでした。突然、机の横に掛けてあった袋から赤い水泳帽を取り出し、覆面のように顔に被り、さらにその上に、黒いゴーグルをはめたのです。・・・現在、体育の時間に水泳実習が行われているので、「装備」は手近なところにありました。

     「それはいったい何のつもりだい?」「先生、分りませんか?」「正義の味方かな?」「・・・スパイダーマンです」

     意を決してきっぱりとその「正体」を明かした生徒は、指導を受けたにもかかわらず、その姿が大変お気に入りのようでした。

     「でもね。それで校内を歩くのはまずいんじゃない?」「ええ。注意を受けて分りました。スパイダーマンがやたらに歩き回るものではないと」「それはそうだね。スパイダーマンは、NYの摩天楼の間を飛ぶように移動して活躍するんだろう?」「はい。福岡市東区香椎の高校内とは、ちょっと登場する場所を間違えたかなと反省しています」・・・と、そんな問題ではありません。

     その場にいた別の生徒が口をはさみました。

     「先生、こいつ、このかっこうで授業を受けたいって言っていましたよ」「うーん。・・・ずいぶん勉強熱心なスパイダーマンだね」。そこで先生は、「スパイダーマン」に向かって言いました。

     「アメリカンコミックのヒーローだったら、キミは英語がもっとできるようにならないとね・・・」

     「教科担当」の先生が言ったにしても、これも「そんな問題ではない」というコメントになりました。

  • 2016年09月26日生徒会活動

    【生徒会】JR香椎線乗車マナーアップ運動

    • IMG_5989.jpg
    • IMG_5985.jpg

    23日(金)

    生徒会は『JR香椎線乗車マナーの改善』のため、香椎駅にて呼びかけとアナウンスを行いました。

    九州高校では、生徒会が中心となりに校内にポスターを掲示したり放送で呼びかけたりしています。

  • 2016年09月21日生徒会活動

    『九高かわらばん』第4号が出来上がりました!

    • 118741-1.jpg

    今回のかわらばんは・・・

    9/3に行われた『体育祭』より

    生徒会体育部長、体育祭実行委員長、各ブロック長に感想を聞きました。

    各ブロックのバックボードの写真とともにご覧ください。

    なお、かわらばんは各クラスに掲示されます。

このページのトップへ