造形芸術科curriculum

造形芸術科の学び

授業内容は美術・工芸・デザイン・映像と幅広く、
学校の歴史と共に、多方面にわたる成長を遂げてきました。
2017年4月にデザイン科設立50周年を迎え、科の名称を「造形芸術科」と改めました。
これからも“造形”教育を通じて、“芸術”で社会に貢献する人材を育成します。

造形芸術科の学び

高校屈指の本格的な創作環境のもとアーティスティックな未来を描く3年間。

  • 1年次
    造形活動の土台を学び、
    ゆるぎない基礎力をつける。

    デッサン力や構成力など、すべての造形活動の土台となる基礎力を身につけます。素描、絵画、平面・立体デザイン、美術史といった授業を実践的に積み重ねることで、創作活動への意欲も高めていきます。

  • 2年次
    多様な専門分野を学び、
    パリでの研修で見聞も広げる。

    11講座の専門科目を開講。「構成Ⅲ」では、陶芸・染織・彫刻・版画の実技4科目から授業を選択。多様な分野を学ぶことで、自己表現の幅も拡大。2学期にはパリへの美術研修も実施されます。

  • 3年次
    美大進学対策も万全。
    卒業制作で3年間の集大成を。

    美大進学対策として、放課後のデッサン補習などを徹底して実施。また、3年間の集大成となる卒業制作もスタート。1年がかりで完成した作品は、美術館で開催する卒業制作展で発表されます。

造形芸術科の特徴

  • 1造形芸術に特化した専門性の
    高い30講座の授業

    絵画や彫刻、陶芸、染織、デザインなど、多様な創作活動を通じて可能性を最大限に引き出すカリキュラムとなっています。

  • 2専門科目の教師による指導と
    充実の設備

    造形芸術科には、専門のカリキュラムに対応する9名の教師がおり、様々な生徒の夢をサポートします。デッサン室、陶芸室、染織室、コンピュータ室など、プロユース仕様の充実した設備のなかで創作活動に取り組むことが出来ます。

  • 3パリ美術研修

    2年次には、世界のアートの中心、フランス・パリを訪れます。研修では、ルーブル美術館などの美術館・博物館を見学したり、現地でのスケッチを通じて自主性と国際性を養います。

curriculum

■平成31年度造形芸術科時制

月曜日 - 金曜日
補習授業 7:40 - 8:25
朝読書 8:50 - 9:00
S.H.R 9:00 - 9:10
1限 9:15 - 10:00
2限 10:10 - 10:55
3限 11:05 - 11:50
4限 12:00 - 12:45
昼休み 12:45 - 13:30
5限 13:30 - 14:15
6限 14:25 - 15:10
7限 15:20 - 16:05
S.H.R
掃除
16:05 - 16:30
3年次
補習授業
16:30 - 18:10

※出席確認は8:50にします。

※ 朝の補習授業は希望制です。
(入学後に受講希望をとります。)

※月曜日は朝の補習授業はありません。

奇数週 土曜日
朝読書 8:50 - 9:00
S.H.R 9:00 - 9:10
1限 9:15 - 10:00
2限 10:10 - 10:55
3限 11:05 - 11:50
S.H.R
掃除
11:50 - 12:15

■平成31年度入学生 教育課程表

「大学入試改革」に対応するために全生徒出席の「夏期課外授業」を実施しています。

教科科目1年2年3年
国語 国語総合 4
現代文B 2 3
古典B 2 2
地理
歴史
世界史A 3
日本史A 3
公民 現代社会 2
数学 数学Ⅰ 4
数学A 2 2
理科 地学基礎 2
化学基礎 2
生物基礎 2
保健体育 体育 3 2 2
保健 1 1
外国語 コミュ英Ⅰ 5
コミュ英Ⅱ 4
コミュ英Ⅲ 5
家庭 家庭基礎 2
情報 社会と情報 2
造形芸術専門 美術史 2
絵画 2
素描 2 2
構成Ⅰ 2
構成Ⅱ 2 2
構成Ⅲ 3
ビジュアルデザイン 2
デザイン演習 2
造形表現Ⅰ 2
造形表現Ⅱ 4
造形表現Ⅲ 4
卒業制作 6
総合学習 総合学習 1 1 1
特別活動 H・R 1 1 1
合計 35 35 35

造形芸術科 インタビュー

生徒やOB・先生のリアルな声を聞きました。

造形芸術科について
  • 渡辺 光さん
    渡辺 光さん

    造形芸術科/3年
    (粕屋東中学校出身)

    芸術の道を目指す仲間たちと切磋琢磨しながら学んでいます。

    造形芸術科では、幅広い絵の表現方法を学ぶことができ、生徒一人ひとりに合った作品作りができます。現在、同じ芸術の道を目指す友だちと、明るく楽しい先生方のもとで、自分の作品作りに磨きをかけ励んでいます。まだ将来が見えず不安な人もいると思います。しかし、絵を描いていたり、造形したりすることで、自分のやりたいことを見つけることができると確信しています。ぜひ一度九州高校(の芸術交流会や学校説明会、オープンスクール)に来て、造形芸術科の雰囲気を感じてみてください。

  • 川口 富裕実 さん
    川口 富裕実さん

    東京藝術大学
    絵画科 日本画専攻

    デザイン科(現:造形芸術科)
    2014年度卒業(柏原中学校出身)

    高校から芸術を本格的に学んだ経験や体験が、大きな自信に。

    九州高校は色んな芸術分野の先生がいて、自分の知らなかった美術の世界を知る事ができ、充実した授業を受けることができる学校です。忍耐力や精神力、仲間と協力する大切さなど、九州高校で培われた部分が今でも役に立っていると思います。絵を描くのは体力も精神も使うので、高校生のうちに経験できたことは、いつか自身の大きな糧になると思います。

    部活動やパリ美術研修、文化祭でやったペーパーファッションや、体育祭で描いたバックボードなど、すべてが思い出です。泣いたり笑ったり、毎日が充実していました。芸術系大学や専門学校の情報が普通高校よりも多く、理解もあるので、美術が好きな中学生や将来的に絵を描きたい中学生などにおすすめしたいです。

  • 先生の声
    臼井 英雄先生
    臼井 英雄先生

    造形芸術科担任

    志が同じだからこそ、互いに刺激し合って成長できます。

    造形芸術科は、絵を描くことが大好きだったり、漫画やアニメに強く関心を持つ、同じ志を持った生徒が多く、皆すぐに打ち解けています。

    時にはライバルとして、互いに切磋琢磨し、目覚ましく成長しています。1年の実技では、造形の基礎をしっかり学ぶことを重視し、様々なメディア表現の多様化にもしっかり対応するための能力を身につけます。

育英奨学生制度

造形芸術育英奨学生A
入学時の施設拡充費相当額
全額給付
3ヵ年間の授業料*及び
施設設備費相当額
全額給付
造形芸術育英奨学生B
入学時の施設拡充費相当額
全額給付
3ヵ年間の授業料*及び
施設設備費相当額
半額給付

九州産業大学フレッシュマン・スカラシップ制度

九州産業大学フレッシュマン・スカラシップ制度

九州産業大学では、入学後の学業を奨励し、社会に貢献できる人材育成を目的に、一般入試(前期・後期日程)・芸術学部実技入試(前期・後期日程)・大学入試センター試験(前期・後期日程)の成績優秀者を対象に入学年度から最長4年間の授業料(文系学部の授業料相当額65万円)を免除します。
詳細については、九州産業大学のホームページでご確認ください。

このページのトップへ