造形芸術科equipment

設備紹介

九高の造形芸術科は、高等学校としては充実した施設・設備を誇っています。
陶芸や染織など本格的な創作環境が整っているのも魅力の一つです。

  • デッサン室

    50種160体もの石膏像を備えた、デッサン専用の教室。北側の天窓から取り入れた自然光による繊細な陰影が、デッサンの表現力を養います。

    特進自習室
  • コンピューター室

    プロのデザイナーに欠かせないMac50台それぞれに、デザインに必須のソフト「Adobe Illustrator」「Adobe Photoshop」を搭載しています。

    チューター制
  • 陶芸室

    大型の電気炉や熱循環が安定している電気釜、ロクロ(10台)、土練機、釉薬の混合器などを完備。電気炉は平皿350枚を一度に焼くことができます。

    キャリアデザイン
  • 染織室

    教室の半分のスペースの板張りが、心理的に創造意欲を駆り立てます。5台の織り機や、型染め・引き染めなどによる着物の制作に必要な広さを備えています。

    ライセンスゲット<br>プラン
  • プレス機

    銅版画用とリトグラフ用のプレス機を完備し、充実した版画の授業を展開しています。

    プレス機
  • アトリエ

    油彩100号など、大作の制作にも対応できる十分な広さを持ったアトリエ。放課後にも使用できます。

    アトリエ
  • 暗室

    デジタルカメラでは味わえない、本格的な写真処理ができる暗室を完備。現像や引き伸ばしができます。

    暗室
  • 多目的ホール

    約400名程収容できるホール。音響に工夫を凝らし、会議や講演会ほか、ギャラリーとしても利用できます。

    多目的ホール
このページのトップへ