進路についてobog

活躍する先輩

九州高校を卒業して社会で活躍している先輩たち。
仕事などで今も役立っている九高時代の学びについて語っていただきました。

OB/OG MESSAGE

社会で役立っている九高の学び

  • 白川 貴一さん

    野球部で学んだ礼儀や気配りは、
    社会人となった今でも大切に。

    高校時代は野球部に所属し、礼儀や周囲への気配りを学びました。社会人としても野球を続けており、仕事や試合で様々な方と接する機会が多く、野球部で養った精神が活かされています。皆さんには、常に挑戦する気持ちを持って欲しい。結果を真摯に受けとめることが成長につながります。

    白川 貴一さん
    白川 貴一さん

    JR東海(東海旅客鉄道株式会社) 職員

    普通科/2006年度卒業

    九州産業大学経営学部に入学後、捕手のレギュラーとして活躍。3年次は福岡六大学リーグ戦で首位打者を獲得、主将としてチームをまとめる。4年次には榎下投手(現日本ハムファイターズ)とバッテリーを組み、全国ベスト4の成績を残す。社会人野球でも日本選手権出場に貢献するなど、今後の活躍が期待されている。
  • 山本 美咲さん

    高校時代に培った、
    体力と精神力で生放送に臨んだ。

    高校時代は自信を持てることを作ろうと思い「一度決めたらやり遂げる」意志で3年間無遅刻無欠席を達成しました。番組キャスター時代も高校3年間で培った体力と精神力で生放送に臨むことができました。九高の魅力はプロフェッショナルの卵である友人と出会えること、そして熱意ある先生方から学べることです。

    山本 美咲さん
    山本 美咲さん

    フリーアナウンサー

    普通科/2011年度卒業

    平成音楽大学音楽学部幼児音楽教育学科卒業。NHK宮崎放送局「昼前ほっとみやざき」番組キャスターを2年間務める。現在はフリーアナウンサーとして活躍中。
  • 力丸 晃也さん

    「卓然自立」の3年間 感謝に堪えません。

    九高は何事も自らの意志で挑戦できる高校です。私は英語力の向上に取り組みました。また、個性豊かで多様な生徒がいるという特色もあります。現在、世界90カ国の学生が集まる大学でキャリア支援の仕事に携わっています。当時磨いた英語力と「多様性があるから良い学びや取り組みが生まれる」という考え方が仕事に活きています。

    力丸 晃也さん
    力丸 晃也さん

    立命館アジア太平洋大学 キャリア・オフィス 職員

    普通科/2007年度卒業

    立命館アジア太平洋大学に入学、約50カ国1200人が住む学生寮で留学生支援活動を行う。現在は同大学の職員として学生のキャリア支援に取り組んでいる。
このページのトップへ