学校感染症について

 

学校感染症の流行防止のために、出席停止期間を厳守するようお願いいたします。

感染症書類手続き 学校感染症報告書 学校感染症出席停止証明書

「主な感染症」と「出席停止期間」

主な感染症 出席停止期間
インフルエンザ 発症後5日経過し、かつ解熱後2日間を経過するまで
百日咳 特有の咳が消える、または5日間抗菌性物質製剤による治療が終了するまで
麻疹(はしか) 発疹に伴う発熱が解熱後3日を経過するまで
流行性耳下腺炎
(反復性耳下腺炎は含まない)
耳下腺、顎下腺又は舌下腺の腫脹が発現したあと5日を経過し、かつ全身状態が良好になるまで
風疹 発疹が消失するまで
水痘 全ての発疹が痂皮化するまで
咽頭結膜熱 主要症状消退後2日を経過するまで
流行性結膜炎 病状により医師において感染のおそれがないと認めるまで
急性出血性結膜炎
溶蓮菌感染症
マイコプラズマ感染症
感染性胃腸炎

提出書類PDFダウンロード

このページのトップへ