造形芸術科

■ 定員:80名(男・女)

造形芸術科
造形芸術科の特徴
造形芸術に特化した専門性の高い30講座の授業
絵画や彫刻、陶芸、染織、デザインなど、多様な創作活動を通じて可能性を最大限に引き出すカリキュラムとなっています。
専門科目の教師による指導と充実の設備
造形芸術科には、専門のカリキュラムに対応する教師がおり、さまざまな生徒の夢をサポートします。デッサン室、陶芸室、染織室、コンピュータ室(Mac)など、プロユース仕様の充実した設備のなかで創作活動に取り組むことが出来ます。
パリ美術研修
2年次には、世界のアートの中心、フランス・パリを訪れます。研修では、ルーブル美術館などの美術館・博物館を見学したり、現地でのスケッチを通じて自主性と国際性を養います。
iPad導入します!

令和4年度入学生より生徒1人1台のiPadを活用した授業が開始されます。iPadの活用で授業の更なる理解を高めるとともに、ICT教育に力を入れていきます。

iPad導入します!
学習のサポート

学校生活をより充実させる九州高校独自の学習サポートです。

芸術系進学説明会を実施
芸術系進学説明会を実施

関東の有名美大の講師を招き芸術系進路への意識を高める内容から実技講習会まで、芸術系大学への進学にむけた充実したフォローを行っています。説明会は保護者の参加も可能です。

芸術系進学説明会を実施
5教科授業の充実

第一志望の美大現役合格に向けて、5教科の授業数も確保しています。また、希望者補習を行い、それぞれの進路目標に合わせた進学指導を実施しています。

芸術系進学説明会を実施
公募展への出展

県美展、市美展への出展だけでなくさまざまな公募展に作品を出展しています。全国規模で開催されている多くの公募展に作品を出展することにより創作意欲を高めます。

芸術系進学説明会を実施
校外活動の充実

実践教育として校外での活動を充実させています。例えば、博多阪急「うまちか甲子園」への参加や、「香椎えきマチ一丁目(香椎駅)の館内ディスプレイデザイン」のプレゼンなど企画からカタチになるまでの経験ができます。

芸術系進学説明会を実施
デッサン補習開講(3年次希望者)

第一志望の美大現役合格に向けた実技補習を希望者に行っています。本校の専門教員陣は長年の指導実績を活かし、志望校に合わせた丁寧な指導で実績を積み重ねています。多くの美大受験者が補習を希望します。

芸術系進学説明会を実施
卒業制作(3年次)

3年次、卒業制作の授業が週4時間あります。1・2年次に修得した専門的な実技を使い、作品を完成させていきます。完成した作品は、毎年県内美術館で展覧会を行っています。

年間カリキュラム /
1日のスケジュール
■ 令和4年度造形芸術科時制
月曜日 – 金曜日
補習授業 7:40 – 8:25
朝読書 8:50 – 9:00
SHR 9:00 – 9:10
1限 9:15 – 10:00
2限 10:10 – 10:55
3限 11:05 – 11:50
4限 12:00 – 12:45
昼休み 12:45 – 13:30
5限 13:30 – 14:15
6限 14:25 – 15:10
7限 15:20 – 16:05
SHR
掃除
16:05 – 16:30
3年次
補習授業
16:30 – 18:10

※ 月曜日は朝の補習授業はありません。
※ 朝の補習授業は希望制です。
※ 出席確認は8:50です。

出校 土曜日
朝読書 8:50 – 9:00
SHR 9:00 – 9:10
ゼミ1 9:15 – 10:00
ゼミ2 10:10 – 10:55
集会等 11:05 – 11:50
SHR
掃除
11:50 – 12:15
■ 令和4年度入学生 教育課程表
教科 科目 1年 2年 3年
国語 現代の国語 2
言語文化 3    
論理国語 1 3
文学探究 1  
古典探究 2 2
地理歴史 地理総合 3
歴史総合 3
公民 公共 2
数学 数学Ⅰ 3
数学A 2  
数学探究   2
理科 生物基礎 2  
化学基礎 2
地学基礎   2
保健体育 体育 3 2 2
保健 1 1
外国語 英コミュⅠ 5
英コミュⅡ 4
英コミュⅢ 5
論理・表現Ⅰ 2
家庭 家庭基礎 2
情報 情報Ⅰ 2
総合探究 1 1 1
造形芸術専門 美術史 2
絵画 2 2
素描 2 3 3
構成Ⅰ 2
構成Ⅱ 2  
構成Ⅲ 2
構成Ⅳ   4
VD 2
情報メディアデザイン 3
美術概論   1
鑑賞研究 1
卒業制作 4
学校設定科目 文学探究   (1)  
数学探究     (2)
卒業制作     (4)
特別活動(HR活動) 1 1 1
合計 35 35 35

門教師紹介

専門カリキュラムを指導する教師は、美術を愛し、生徒を愛する熱血漢。
技術はもちろん、クリエイティブ精神の醸成までしっかりと導きます。

MASANORI URABE

MASANORI URABEプロダクトデザイン/映像

占部 政則先生

デザイン全般と「映像表現」の授業を受けもっています。また、授業以外で應援團の生徒たちに全日本仮装大賞の指導を行っています。90回大会の優勝に続いて92回大会では「城攻め」で見事に「努力賞」に輝きました。

TOUKOU KIRYU

TOUKOU KIRYU版画/絵画/素描

桐生 東光先生

絵画・素描などの美術分野の指導にあたっています。卒業した教え子達と一緒に展覧会をするのが夢ですね。

KAORUKO SONEZAKI

KAORUKO SONEZAKI写真

曽根崎 薫子先生

刻々と変化していく瞬間をとらえ、作品にする写真。その表現の可能性を学びます。何気ない日常生活の中にも特別な瞬間があることがわかり、楽しいですよ。

SINICHI MIZOSHITA

SINICHI MIZOSHITA陶芸/絵画/素描

溝下 真一先生

陶芸作品は曲がっていても、斜めでも、ぐにゃぐにゃでも良いのだ。そんな人のような個性が見える作品、気持ちを込めた作品はなんかいい。だから面白いんです。

TAKESHI ETOU

TAKESHI ETOU彫刻

江藤 健先生

彫刻では、素材に手で触れ、肌で感じながら作品を作ります。イメージしたものがだんだんと形になって目の前に現れてくるのは、とてもワクワクしますよ。

HIDEO USUI

HIDEO USUIテンペラ/絵画/素描

臼井 英雄先生

素描を中心に、油彩・日本画等の絵画分野を指導しています。古典美術から現代美術まで、歴史や技法を深く研究するのは面白いですよ!

TOMOMI SATO

AYAKA MASUDAグラフィックデザイン

舛田 絢夏先生

TOMOMI SATO

MASAMITSU IKEDA工芸

池田 将光先生

TOMOMI SATO

DAISUKE TSUTSUMIインダストリアルデザイン

堤 大介先生

備紹介

九高の造形芸術科は、高等学校としては充実した施設・設備を誇っています。
陶芸や染織など本格的な創作環境が整っているのも魅力の一つです。

デッサン室

デッサン室

造形芸術科コンピュータ室

造形芸術科
コンピュータ室

陶芸室

陶芸室

染織室

染織室

版画室

版画室

アトリエ

アトリエ

暗室

暗室

総合会館ホール

総合会館ホール