有名私立大学への現役合格を目指すと同時に
人間力の向上も図ります。

部活動や社会活動にチャレンジしながら、 大学進学の目標も叶える。
そんな意欲的な生徒を、自主学習や課外授業の推進により、
有名私立大学など志望校現役合格へと導きます。

準特進クラス

■ 普通科 定員:120名(男・女)

主な目標進路

国公立大学・有名私立大学

準特進クラス
準特進クラスの特徴
有名私立大学を
主眼としたカリキュラム
地元、西南学院大学や関東・関西地区の有名私立大学現役合格を目指します。また、一部国公立大学にも対応したカリキュラムです。
部活動も活発に両立
体育部・文化部に入部している生徒は普通科クラスの中で最も多く、勉強と部活動の両立を図りながら大学進学を目指します。部活動では県大会をはじめ九州大会や全国大会出場を目指しています。
学習会・ゼミの実施
部活動に参加していない生徒に対して、放課後に学習会を実施。また、奇数週土曜日にはゼミを実施して学力の伸長を図ります。
1年次
自学自習を習慣づけ、
基礎学力をしっかりと養う。

限られた時間を有効に使えるよう、積極的に学ぶ姿勢を身につけることが、3年後の進路決定につながります。放課後の「学習会」で不得意分野の克服に努め、基礎学力をしっかり養います。

2年次
実践的な学びで、
目標達成への意欲を高める。

文系・理系に分かれ、大学現役合格に向けてのカリキュラムがスタート。校外模試や課外授業の強化で応用力を養い、目標達成への意欲も高めます。考査前には部活動の時間を短縮して学習時間を確保します。

3年次
志望校合格に向け、
一人ひとりを全力でサポート。

志望校の現役合格に向け、本格的な受験体制に突入。放課後・土曜・長期休暇中の課外授業では更なる学力向上を目指し、一人ひとりを全力でサポート。全国模試に対応するための授業も積極的に実施します。

準特進クラス時制/
令和2年度入学生 教育課程表
■ 令和2年度準特進クラス時制
月曜日 – 金曜日
課外授業 7:40 – 8:25
朝読書 8:50 – 9:00
SHR 9:00 – 9:10
1限 9:15 – 10:00
2限 10:10 – 10:55
3限 11:05 – 11:50
4限 12:00 – 12:45
昼休み 12:45 – 13:30
5限 13:30 – 14:15
6限 14:25 – 15:10
7限 15:20 – 16:05
SHR
掃除
16:05 – 16:30
「学習会」 16:30 – 17:15

※月曜日は朝の課外授業と放課後の「学習会」はありません。
※部活動入部生徒は「学習会」は原則ありません。

奇数週 土曜日
朝読書 8:50 – 9:00
SHR 9:00 – 9:10
ゼミ1 9:15 – 10:00
ゼミ2 10:10 – 10:55
集会等 11:05 – 11:50
SHR
掃除
11:50 – 12:15
■ 令和2年度入学生 教育課程表
教科科目1年2年3年
国語 国語総合 5
現代文B 3 3 3 2
古典B 4 3 5 2
地理
歴史
世界史A 2
日本史A 2
世界史B 5 8
日本史B
地理B 3
公民 現代社会 2 2
数学 数学Ⅰ 4
数学Ⅱ 4 4
数学Ⅲ 6
数学A 2
数学B 3 4 2
理科 生物基礎 2
物理基礎 2
化学基礎 3 3 3
物理    
化学 3 44
生物    
保健体育 体育 3 2 2 2 2
保健 1 1 1
芸術 美術Ⅰ 2
外国語 コミュ英Ⅰ 3
英表Ⅰ 3
コミュ英Ⅱ 4 4
英表Ⅱ 3 3 3 3
コミュ英Ⅲ 5 5
家庭 家庭基礎 2 2
情報 社会と情報 2
総合的な探究の時間 1 1 1 1 1
特別活動(HR活動) 1 1 1 1 1
合計 35 35 35 35 35
学習のサポート

学校生活をより充実させる九州高校独自の学習サポートです。

学習会

勉強と部活動を両立させながら、何事にも全力で取り組めるよう放課後に、「学習会」を実施します。日々の学習の定着を図り、基礎学力をしっかり養うことで、授業で習った知識を「使える知識」へと変えていきます。

土曜課外(3年次)

3年生の夏休みより全員参加の土曜課外を実施します。大学入試に必要な学力の伸長を図り、より実践的かつ、きめ細やかな指導で、有名私立大学など志望校現役合格へと導きます。

大学合同入試説明会の実施(2・3年次)

地元の私立大学を中心に複数の大学から講師をお招きし、合同説明会を行っています。特に準特進が志望校としている西南学院大学、福岡大学は毎年説明会に参加していただいています。また、説明会は生徒だけではなく保護者の参加も可能です。

保護者説明会、懇談会(1年次)

本校は各クラス独自に保護者説明会を実施しています。保護者の方が参加しやすい放課後の時間を使い、特色ある各クラスの取り組みを説明させていただいております。また、大学への進路意識を高めるため、本校の進路指導部より講演を行うなど内容を充実させています。

手帳の活用とポートフォリオ(活動記録)

2020年度教育改革では大学入試の際に、高校生活での取り組みに関して具体的に問われます。3年間を通して手帳に書き込んだ活動成果や自己評価を志望理由書の記入などに活用することを目的としています。同時に教員は一人ひとりの記録内容を日常の二者面談等で振り返らせることで「主体的な学び」へとつながる指導を行います。

普通科 全クラス対応

クラス編成テストで、
自分に合った学びを

新入生集合日に実施されるクラス編成テストで「クラス変更」が可能です。
また、2学年進級時に、日常の学習量や理解力を確認するアチーブメントテスト、学力判定テストなどの結果により、クラス変更も可能です。
準特進クラス
Student’s VOICE
勉強も部活動も全力で取り組める環境

勉強も部活動も全力で取り組める環境と施設が整っています。 部活動ではJapan Cup出場、学習面では第一志望校現役合格を目指しています。

川口 聖佳さん
普通科/準特進クラス/3年(那珂中学校出身)
準特進クラス
Teacher’s VOICE
多くの生徒が勉強と部活動の両立に取り組んでいます

部活動加入率が高く、多くの生徒が勉強と部活動の両立に取り組んでいます。 団結力も素晴らしく、学校行事にも積極的に参加しています。

天野 由貴先生
準特進クラス担任/英語科
準特進育英奨学生制度
建学の精神「卓然自立」を胸に、有名私立大学現役合格を目指す生徒に対して
「準特進育英奨学生A・B」制度を設けています。
(人物・入学試験ともに特に優秀な者で、経済的支援の必要性を考慮し採用します。)
  • ○ 入学時の施設拡充費相当額
  • ○ 3ヶ年の授業料相当額(A)又は授業料半額相当(B)【A・B共年次更新】
※詳細は「育英奨学生制度」をご覧ください。